渇水タイプコーティング

渇水タイプコーティング

各エシュロン共通の特徴

エシュロンは異なる被膜特性を持った3タイプをラインナップしています。

  • 塗装との化学結合により高硬度、耐熱性、高耐久性、防腐食性、防錆性、耐薬品性などを持つ無機SiO2被膜を形成します。
  • メンテナンス性の向上により、通常のお手入れはシャンプー洗車でOK。
  • 無機質のガラス被膜は劣化しにくく保護効果を長期間持続します。

エシュロン FE-1043

  • トップレベルの膜厚感と濡れたような重厚な艶を得られます。
  • 独自の滑水性被膜を形成し、ウォータースポットや汚れの付着を軽減します。
  • シロキサンを主成分とし加水分解と架橋反応によってガラス被膜を形成します。

エシュロン FE-1043

エシュロン NEW VERSION

  • 親水性と撥水性を選択できる独自の仕上方法を採用しています。
  • 自動車のみならず、様々な分野で応用されている実績ある製品です。
  • ペルヒドロポリシラザン(PHPS)と呼ばれる物質が、200℃〜450℃という高温下で、シリカガラス質へ転化する性質を応用し、常温での反応を実現しています。

エシュロン NEW VERSION

エシュロン CS-1

  • 弱親水性の被膜は、バランスのとれた機能性を発揮し汚れの付着を軽減します。
  • 透明感のある光沢に優れた被膜を形成します。
  • シラノールの加水分解反応を応用し無機のガラス被膜を形成します。

エシュロン CS-1

例:Aさん

例1
車種: BMW5シリーズ(4年経過のお車)
ボディーカラー:
洗車頻度: 月1回
駐車場: 屋外
コーティング施工歴: なし
お客様の希望: 経年の小キズ・雨染みなどを綺麗にしたい!

こちらのケースでは、コーティング施工歴なし・ボディーカラー黒から

  • ファーストポリッシュ(雨染み、小キズ除去のため5〜8µ研磨)
  • セカンドポリッシュ(1〜3µ研磨)
  • 細部の磨き(手作業)
  • ファイナルポリッシュ(塗面調整0.1〜0.3µ研磨)
  • 脱脂作業
  • コーティングはエシュロン
  • 近赤外線焼付け